小山晃法律事務所ブログ

2014.03.24更新

 本年3月22日の朝日新聞の朝刊に、上記のテーマで記事が大きく載っていました。
 それによると、事故車の修理をする板金業者から、紹介料を支払って事故の被害者の紹介を受けた接骨院が、損害保険会社を通じて自賠責保険会社に対し、診療日数を水増して治療費の不正請求をしたり、、治療費の過剰請求をしているというのです。生後6ヶ月の乳児が「腰痛の痛みを訴えた」とし、「歩行困難になった」と接骨院が、現実にはありえない診断をしたり、患者が遠くの接骨院に半年間一日も欠かさず通院したとして虚偽の疑いのある請求が増えているというものです。
 ところで、接骨院は、厚生労働大臣の認可する国家資格である柔道整復師が開業しており、整骨院という名称で開業する例も多く、打撲、捻挫、骨折などの治療にあたります。
 交通事故によってけがを負った人は、通常整形外科に入院や通院をして治療やリハビリを受けますが、同時に接骨院にも通院して治療を受けるという人もかなりいるように思います。
 接骨院に通院して事故の傷の痛みが緩和されれば、それなりに意味があることですが、治療の必要がないのに治療をしたりして過剰なまでの請求をしたり、治療の実績がないのに治療費の請求をするのは、モラルに反し問題ですし、車を持つ全ての人が加入する自賠責保険の財源が無駄に使われることになるので、是正されなければならいと思います。

投稿者: 小山晃法律事務所

交通事故問題に関することはお気軽にご相談くださいお話しいただくことで大枠の見通しを立てられることもございます

交通事故問題に関することはお気軽にご相談くださいお話しいただくことで大枠の見通しを立てられることもございます

小山晃法律事務所 夜間は20時まで/土日祝日も対応可(予約必要) 〒510-0075 三重県四日市市安島2丁目10-16 ミッドビルディング四日市2F 最寄駅 近鉄四日市駅

059-335-3350 9:00~17:00 土日祝定休

無料相談のご予約 24時間 受付中です

小山晃法律事務所 夜間は20時まで/土日祝日も対応可(予約必要) 〒510-0075 三重県四日市市安島2丁目10-16 ミッドビルディング四日市2F 最寄駅 近鉄四日市駅

img-tel_sp.jpg

無料相談のご予約 24時間 受付中です