小山晃法律事務所ブログ

2013.08.01更新

 交通事故の相談には、できるだけ被害者の声に耳を傾けることを心がけています。
   しかし、被害者の希望に添えないことも、中にはない訳ではないのです。それは被害者意識が強く、被害の実損害以上の賠償を求めて相談されたときです。
   例えば、被害車両の時価額が50万円で、車を元の状態に戻すのに修理代が100万円かかる場合に、被害者側に過失がないのだから修理代100万円を請求したいと相談されたり、被害者の怪我自体はほとんどないのに、もう少しで命を失うほどの思いをしたから多額の慰謝料がほしいと相談されるときです。
  しかし、前者の場合、民法の不法行為の制度(民法709条)は、損害賠償によって被害者の利益状態を違法な侵害行為がなされる以前の状態に戻す制度であり、以前よりも被害者に有利な状態を保障するものではないのです。従って残念ながら、損害賠償額は、時価額50万円に限られるのが原則なのです。もっとも、買換えの諸費用(登録費用、登録手数料、車庫証明費用、同手数料、納車費用、廃車手数料等)は認められるし、対物超過特約を付けれていてその要件を満たす場合は例外となります。
  また後者の場合、民法では、711条で「他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合は、・・・・・財産以外の損害(精神的損 
害)に対しても、その賠償をしなければならない。」とされているので、他人の身体、自由、名誉が現実に侵害された場合でなければ、慰謝料の請求はできないのです。
 従って、以上のような説明をして、相談者に納得してもらうことに務めることになります。

投稿者: 小山晃法律事務所

交通事故問題に関することはお気軽にご相談くださいお話しいただくことで大枠の見通しを立てられることもございます

交通事故問題に関することはお気軽にご相談くださいお話しいただくことで大枠の見通しを立てられることもございます

小山晃法律事務所 夜間は20時まで/土日祝日も対応可(予約必要) 〒510-0075 三重県四日市市安島2丁目10-16 ミッドビルディング四日市2F 最寄駅 近鉄四日市駅

059-335-3350 9:00~17:00 土日祝定休

無料相談のご予約 24時間 受付中です

小山晃法律事務所 夜間は20時まで/土日祝日も対応可(予約必要) 〒510-0075 三重県四日市市安島2丁目10-16 ミッドビルディング四日市2F 最寄駅 近鉄四日市駅

img-tel_sp.jpg

無料相談のご予約 24時間 受付中です