コラム

2016.07.26更新

交通事故により負傷し、治療を受けた場合、必要かつ相当な治療のための費用は、原則として全額請求することができます。

治療費には診察料、検査料、入院料、投薬料、手術料、処置料などが含まれます。

交通事故による受傷の治療にも、健康保険は適用されます。健康保険証を提示することにより、健康保険制度を利用することができます。

医療機関においては、健康保険の適用を好まないので、患者からの積極的な申し出がない限り、交通事故による受傷の治療は、自由診療で行うのが通常になっています。

健康保険で治療を受けた場合には、治療費は自由診療の場合より安くなります。これは健康保険には診療報酬基準があるため、単価が安いのに対し、自由診療にはそれがないため高くなるからです。

従って、被害者に過失がある場合には、健康保険を利用する方が、自分の負担する治療費は安く抑えることができます。

治療費は、原則として加害者が全額負担することになります(被害者の過失0の場合)ので、健康保険を被害者が使う場合(自己負担3割)、7割を健康保険組合などの保険者が負担した後は、加害者に対し請求することになります(第三者求償)。

そのため、交通事故による受傷に健康保険を使う場合には、「第三者の行為による傷病届」を保険者に提出することが必要です。

*三重県の情報サイト「とうけい」に掲載された記事です。

投稿者: 小山晃法律事務所

交通事故問題に関することはお気軽にご相談くださいお話しいただくことで大枠の見通しを立てられることもございます

交通事故問題に関することはお気軽にご相談くださいお話しいただくことで大枠の見通しを立てられることもございます

小山晃法律事務所 夜間は20時まで/土日祝日も対応可(予約必要) 〒510-0075 三重県四日市市安島2丁目10-16 ミッドビルディング四日市2F 最寄駅 近鉄四日市駅

059-335-3350 9:00~17:00 土日祝定休

無料相談のご予約 24時間 受付中です

小山晃法律事務所 夜間は20時まで/土日祝日も対応可(予約必要) 〒510-0075 三重県四日市市安島2丁目10-16 ミッドビルディング四日市2F 最寄駅 近鉄四日市駅

img-tel_sp.jpg

無料相談のご予約 24時間 受付中です