小山晃法律事務所ブログ

2015.12.02更新

  約1週間前の朝日新聞に、交通事故で負ったけがの治療の通院日数を水増しして、保険金をだまし取ったとして、接骨院経営者と交通事故の患者が詐欺容疑で逮捕されたという記事が載っていました。
  接骨院経営者は、交通事故の被害者と共謀して、通院日数を水増した施術証明書などを作成して、これを損害保険会社に提出して治療費名目で保険金をだまし取っていたということです。
  患者は患者で、通院日数や通院期間に応じて、交通費や慰謝料が積算されるため、接骨院経営者と共謀して交通費や慰謝料名目で保険金をだまし取っていたということになるのでしょう。
  嘘をついて、人を欺して不正にお金を取得することが法律に触れて、いけないことは、だれでもわかっていることです。
  また交通事故自体を偽装して、保険金をだまし取ると言うことも、以前から見られる現象ですが、このような不正行為については、厳しい処罰が必要だと思います。

投稿者: 小山晃法律事務所

交通事故問題に関することはお気軽にご相談くださいお話しいただくことで大枠の見通しを立てられることもございます

交通事故問題に関することはお気軽にご相談くださいお話しいただくことで大枠の見通しを立てられることもございます

小山晃法律事務所 夜間は20時まで/土日祝日も対応可(予約必要) 〒510-0075 三重県四日市市安島2丁目10-16 ミッドビルディング四日市2F 最寄駅 近鉄四日市駅

059-335-3350 9:00~17:00 土日祝定休

無料相談のご予約 24時間 受付中です

小山晃法律事務所 夜間は20時まで/土日祝日も対応可(予約必要) 〒510-0075 三重県四日市市安島2丁目10-16 ミッドビルディング四日市2F 最寄駅 近鉄四日市駅

img-tel_sp.jpg

無料相談のご予約 24時間 受付中です